あなたはただの矯正治療で満足できますか? 私達にしかできないことがあります・・・
熊本パール総合歯科クリニックの特徴
1. 外科処置(コルチコトミー)と矯正用インプラントの併用等により従来より短期間(約1/2〜2/3)での矯正治療(スピード矯正)が可能です。
2. 最新鋭の装置による舌側からの見えない矯正(Incognito システム)
3. 透明なマウスピースによる矯正治療(インビザライン、クリアアライナー)
4. スピード矯正
5. 最新のセルフライゲーションシステムによるスピード矯正
6. マイクロインプラントの使用によるインプラント矯正
7. 矯正治療のみに頼らず審美歯科、インプラントなどを組み合わせた理想的プランによる1か月からでも可能な短期治療
8. 上記を有機的に組み合わせて実現する歯を抜かない非抜歯矯正
9. 小児の咬合育成によるきれいな歯並びの実現(3Dリンガルアーチシステム)
10. 子供の顎を拡げて歯を抜かずにきれいな歯並びを作る床矯正
11. 抜歯などの処置が怖い場合は麻酔専門医による笑気鎮静法や静脈内鎮静法下による無痛治療
12. 日曜日でも治療可能な患者様の都合に合わせた通院プラン
13. 保育士による治療中の託児利用(平日昼間のみ、無料)

当院なら2名の矯正医と1名のインプラント専門医、1名の麻酔科専門医、1名の口腔外科医、15名の歯科衛生士、そして開院以来構築してきた院内システムによって上記の治療とサービスを実現しています。


<診査・診断に対するこだわり>
矯正治療においてまず重要なのは診査、診断能力です。当院では矯正の検査においてお疲れになるかもしれませんが、細やかな診断を行うために、沢山の資料を取らせていただきます。歯並びの模型の製作はもちろんですが、歯並び、お顔、全身、唇を閉じた場合の口元、唇を楽にした場合の口元などの写真も撮影します。様々な角度や状態での写真には多くの診断に必要なファクターが潜んでいるからです。また、その方の日常生活における「癖」なども詳しくチェックしていきます。日常的な癖がある場合、顔や顎に外力が加わり、歯並びや顔立ちが変形する場合があるからです。また、特徴的な癖があれば、矯正治療の効果が得られにくいこともあるのです。そのような「癖」まで見抜く診査を多方面から行います。
レントゲンの撮影ではデジタルレントゲンシステムによって鮮明な診断用のレントゲン撮影を行い、頭部、顎の骨の骨格的な形態や位置関係、歯の傾きや形態などについての細かい分析を行います。しかし、レントゲン撮影というのは本来、3次元的な構造物をレントゲンフィルム上に2次元に映し出したものなので、それだけでは診断上、どうしても限界があるケースが出てきます。そういった場合に当院では最新鋭の歯科用CTによる分析を行い、より精度の高い診断を行っています。


また、噛み合わせが体のバランスにも影響を及ぼすことがありますので、グラビコーダーという重心動揺計を用いて状態の把握を行います。下顎は全身の中でバランサーのような働きを担っています。噛み合わせが悪いと、下顎の位置が安定せず、結果としてふらつきが出てくるのです。
様々な資料から得られたデータの分析には分析専用のソフトを用い、正確なデータの分析を行います。その上で、診断は必ず2名以上のDr.によって行い、診断のぶれを無くし、確実な治療方針を作っていきます。
診断においては、一般的に矯正治療しか行っていない医院では、歯を抜いて並べる(減らす方向の)治療方針を取りがちです。しかし、当院では一般歯科治療、特にインプラント治療も行えるので、スペースを作って(もしくは余ったスペースに)歯を作っていく(加える方向の)治療も可能です。そのため、より幅広い治療の選択肢の中から、各々の患者様にあった治療方針の選択が可能となるのです。
<説明へのこだわり>
分析、診断の結果を患者様にご説明する際にもこだわりがあります。これにも専用の説明用のソフトを用い、パソコンの画面上でしっかりと分かりやすい説明を行います。どんなにいい治療法でも患者様の理解を得ない治療法では意味がありません。いくら医者が正しい診断を下し、最高の治療計画を立てたからといって、それが患者様にとってベストなプランかどうかというのはまた別問題だと考えているからです。こちらの考えた計画と患者様が望む計画にギャップがあれば絶対に良い治療は望めません。患者様一人一人に動画、写真、模型等を使って、言葉やデータだけではない、目に見える分かりやすい説明を行うことで、しっかりと現状を理解していただき、もちろんこちらが考えうるベストのプランもご説明いたしますが、その上でどういった治療がよいのかをご一緒に検討していくというスタンスを当院では取らせていただいております。
<技術へのこだわり>
「スピード矯正治療」
当院では「コルチコトミー」という外科処置を併用し、従来より短期間で治療が行える「スピード矯正」を行えます。コルチコトミーを安全・確実に行う為「CT」による診断と「ピエゾサージェリー」を利用し、熟練した歯周外科専門医が 手術を行っています。
矯正治療、特にマルチブラケットシステムでの治療においては術者の知識、経験、一つ一つの治療へのこだわりが治療結果に大きく影響します。例えば、歯の表面にボタン状の装置を接着すること一つとっても大変神経を使います。マルチブラケットシステムでは、歯の表面に接着したボタンにワイヤーを通して、歯を並べていきます。その際、ボタンの角度が僅かにでもずれていると、歯は正しい位置からずれて並んでしまうのです。ですから、「たかがボタンひとつ」ではなく、絶えず神経を研ぎ澄まし、レントゲンで根っこの角度を確認しながら、また、その人それぞれの歯の形や噛み合わせに応じて接着する位置や角度を非常に細かく合わせているのです。また、先述のボタンの装置に通すワイヤーにおいても、ワイヤーの種類、サイズの選択はもちろんのこと、歯並びや噛み合わせに応じて、必要であればワイヤーを曲げ込んで、ワイヤー自体に細かな細工を施す必要があります。そんな一つ一つの治療へのこだわりがよい治療結果に結び付くのです。



また、リンガル(裏側からの)矯正、クリアな装置による見えない矯正治療、子供の歯並びを成長に合わせてきれいに仕上げていく咬合誘導など「旧来の矯正治療」という範囲にとどまらない広い意味での様々な矯正治療技術を研修、修得し、臨床応用していることで多くの方々のニーズに応える先進的な矯正治療を可能にしています。

PageTop
Copyright 2009-2010 熊本市にあるパール歯科矯正歯科部門.