メインビジュアル
ホーム > ドクターコラム-矯正歯科の選び方

良い矯正歯科を選ぶ3つのポイント

矯正治療は、ただ歯を並べるだけの治療ではありません。
機能性や全身のバランスなどを総合的に考慮して、治療を進めることが必要です。
また、矯正は治療期間が長くなりますから、通いやすさも大切なポイントかもしれません。
より質の高い治療を受け、美しい口元を手に入れることはもちろん、気持ちよく通い、矯正治療を通して長期的なお口の健康維持につなげるために、歯科選びを慎重に行っていただきたいと願っています。

専門的技術・知識を持つ歯科医が在籍している

矯正治療は、専門性の高い治療です。虫歯や歯周病の治療とは異なり、精密な検査を行い、それを分析したうえで、美しい歯並びとともに機能性や最適な口腔環境、噛み合わせと全身バランスの調和を図る必要があるのです。
歯科医師ならば誰でも矯正治療を行えますが、理想的な歯並び・噛み合わせになれなかったり、治療が長期化してしまったり、思うような治療結果を得られないことによるトラブルも起こっています。
治療を行う医師が確実な技術・知識を持ち合わせているか、という点は、歯科選びにおいて大変重要です。

専門的技術・知識を持つ歯科医が在籍している

客観的に治療技術を判断するには?

治療技術の高さや持ち合わせている知識は、医院のHPを見ただけではわからないかもしれません。
しかし、矯正治療に関する認定資格は、矯正治療の専門的な技術・知識・経験を持っているかどうかの判断材料になると言えます。

客観的に治療技術を判断するには?

日本矯正歯科学会が認定する「認定医」資格を取得するには、

  • 日本矯正歯科学会が指定している研修機関で、5年以上の矯正歯科研修を修了している
  • 学会の認めた学術刊行物に矯正歯科臨床に関する報告を発表している

といった厳しい条件をクリアする必要があります。矯正治療を行う医師はたくさんいますが、認定医資格を取得しているのは、そのうちの約15%(2015年時点)でしかありません。

納得できるまで説明してくれる

納得できるまで説明してくれる

矯正治療をはじめ、歯科診療に関する治療説明は、患者様にとって難しく感じることもあると思います。まして、医師が専門用語ばかりを並べて説明するのなら、患者様は理解するのが困難です。
専門用語などを使わず、患者様に伝わるように親身になって説明してくれる医師が望ましいでしょう。画像や模型を用いて、患者様の目線に立って説明してくれるとわかりやすいですよね。

最新設備・機器が充実している

矯正治療において、医師の知識や経験は大切ですが、治療の精度や安全性を高めるためには、設備・機器が欠かせません。治療経験が豊富な医師であっても、勘や経験を頼りに治療を行ってはいけないのです。
検査機器を駆使し、患者様の多くの情報を取得して、それを分析・シミュレーションし、より精密で確実な治療を進めていくことが必要です。精度の高い矯正治療に必要な機器には、次のようなものがあります。

セファロレントゲン

セファロレントゲン

セファロレントゲン(頭部X線規格写真・セファログラム)とは、顔の骨格を調べるためのレントゲンです。口の中だけでなく、顎の形状や大きさ、口元のバランスなどを正確に把握できます。

歯科用レーザー

歯科用レーザー

レーザーは、歯科診療に幅広く活用されていますが、矯正治療においては、歯を動かすことにより生じる痛みの軽減を目的に使用します。
安全性が高く、歯の移動を阻害することはありません。

シミュレーションソフト

シミュレーションソフト

治療を行うことによってどのような歯並びになるのか、口元がどのように変化するのかを3D画像で確認できます。治療のゴールを明確にすることは、大変重要です。

グラビコーダー

グラビコーダー

グラビコーダーとは、体の重心の揺れを計測できる機器です。噛み合わせがずれていると、重心にも影響します。グラビコーダーを使用することで、全身のバランスを考慮した治療が可能になります。

まずは矯正歯科相談にお越しください。

熊本矯正治療センターのロゴ
0120461166
0120177461
0120461003
お問い合わせ
紹介するスタッフの画像