痛みの少ない矯正
ホーム > 痛みの少ない矯正

痛みの少ない 治療期間が短い 矯正治療デイモンシステム

デイモンシステムとは?

デイモンシステムとは、ブラケットにワイヤーを固定しないことによって、「少ない力」と「少ない摩擦」で歯を動かすことができる矯正装置です。デイモンシステムには、従来の矯正装置になかったさまざまなメリットがあることから、「矯正はちょっと…」と敬遠していた患者様でも安心してお使いいただけます。
これまで主流だった矯正装置は、ブラケットにワイヤーを固定していたため、例えば、床に置いた段ボール箱を引っ張る際に、箱と床の間に摩擦が起こって重さが増すのと同じように、ブラケットとワイヤーの間に摩擦抵抗が生じて、大きな力をかけないと歯を動かすことができませんでした。
それに対して、デイモンシステムのブラケットはワイヤーを固定しないため、従来の矯正装置に比べて摩擦が少なく、小さな力で歯を動かすことができるのです。

デイモンシステムのメリット

  • 痛みが少ない
  • 歯を抜かずに治療ができる可能性が高くなる
  • お口のお手入れがしやすい
  • 通院回数が少ない
  • 歯根吸収・歯肉退縮のリスクが低い
  • 治療期間が短い

従来の治療法よりも通院回数を減らせる

従来の矯正装置では、歯が一定の位置まで移動したら、歯に固定しているワイヤーの調整が必要でした。しかし、デイモンシステムでは、頻繁にワイヤーを調整する必要がないため、通院回数を減らせます。

汚れが溜まりにくく清掃性が高い

従来の装置のように、細いワイヤーやゴムなどの部品を使用していないため、汚れが溜まりにくく、ブラッシングを行いやすいというメリットがあります。

非抜歯治療の可能性が高くなる

デイモンシステムは歯に強い力をかけないため、筋肉や骨の血流が自然な状態を保ち、歯を支える歯槽骨や歯周組織が歯と一緒に移動します。そのため、従来は抜歯が必要なケースも、非抜歯矯正が可能になりました。

歯根吸収などの問題が起こりにくい

歯に強い力がかかると、歯根の吸収・歯肉の退縮が起こりやすくなってしまいます。しかし、デイモンシステムならば、優しい力によりこのようなトラブルを防いで歯を動かします。

デイモンシステムのデメリット

デイモンシステムには、従来の矯正装置にはないさまざまなメリットがある反面で、次のようなデメリットもございます。当院では、患者様にデイモンシステムを快適にお使いいただけるよう、治療期間中に可能な限りサポートをさせていただきます。

ブラケットに厚みがある

従来の矯正装置では、結紮線やゴムでワイヤーをブラケットに固定していたのに対し、デイモンシステムは、ワイヤーを通すためのシャッター式のスライドをブラケットに内蔵していることから、やや厚みがあります。
そのため、最初は違和感があるかもしれませんが、1週間程度で慣れるためご安心ください。

適応しないケースもある

デイモンシステムは表側(唇側)矯正の特化した矯正装置のため、人目につきにくい裏側(舌側)矯正をご希望の患者様は、残念ながら使いいただくことができません。
また、従来の矯正装置に比べて非抜歯の確率が高いとはいえ、患者様の歯の状態によっては抜歯が必要となる場合もあります。

まずは矯正歯科相談にお越しください。

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック熊本矯正治療センター
0120461725 0120461166
0120177461 0120461003
お問い合わせ
紹介するスタッフの画像