メインビジュアル
ホーム > ドクターコラム-指しゃぶりの歯並びへの影響

指しゃぶりが歯並びに与える影響

歯並びが悪くなる原因には、先天的な要因と後天的な要因があります。普段何気なく行っている癖や習慣が、歯並びを悪くしている可能性があるのです。
歯並びや噛み合わせは、全身のバランスと大きく関係しています。悪い癖や習慣が、歯並びはもちろん、全身に影響していることも少なくないのです。

指しゃぶりが歯並びに与える影響

指しゃぶりによる、歯並びの影響はさまざまです。しゃぶっている指やしゃぶり方によって、影響を受ける歯や影響の受け方は違ってくるためです。
歯並びへの影響を考慮すると、永久前歯の生え替わりまで持ち越さない方が良いでしょう。指しゃぶりによる歯並びへの影響は、咀嚼や発音、話し方、口呼吸など多岐に渡ります。

指しゃぶりが歯並びに与える影響

前歯が嚙み合わなくなる(開咬)

前歯が嚙み合わなくなる(開咬)

奥歯は噛み合っているのに、上下の前歯が嚙み合わず、隙間ができてしまう状態を「開咬(かいこう)」と言います。先天的な要因が関係している場合もあります。
前歯が噛み合わないため、奥歯でばかり噛むようになるほか、口呼吸になりやすい、サ行やラ行を発音しにくいといった悪影響があります。

出っ歯(上顎前突)になってしまう

出っ歯(上顎前突)になってしまう

指しゃぶりの影響で、「出っ歯(上顎前突)」になってしまうケースもあります。出っ歯とは、上の前歯や上顎が前に突き出ている状態を言いますが、「食べ物を噛みにくくなる」「口が開いたままになりやすく、口の中が渇きやすい」などの悪影響が懸念されます。

上下の歯の中心がずれてしまう(交叉咬合)

上下の歯の中心がずれてしまう(交叉咬合)

上の歯と下の歯の中心がずれている、上下の噛み合わせがずれている状態を、「交叉咬合(こうさこうごう)」と言います。
顎の骨の成長を妨げる原因になる他、顔のゆがみなどの原因となるため、適切な治療が必要でしょう。

指しゃぶりへの対応を考える時期

指しゃぶりへの対応を考える時期(卒業を考える時期)は、一般的に4歳~5歳くらいが年齢的な目安とされていますが、お子様の成長に合わせて取り組むことも大切でしょう。

早く取り組めば良いというものではありません

早く取り組めば良いというものではありません

3歳くらいまでは無理にやめさせる必要はないと考えられています。この頃になると(幼稚園や保育園に入園する時期)、遊びなどに夢中になって過ごしているうちに、指しゃぶりを自然としなくなるお子様も多くいます。他のお友達が指しゃぶりをしていないことで、影響を受ける場合もあります。

しかし、4歳以下であっても、指にタコができるほど頻繁に指しゃぶりを行っているなど、習慣化する可能性がある場合には、専門家に相談すると安心でしょう。

指しゃぶりを卒業するために家族ができるサポート

指しゃぶりには、不安や緊張を解消する効果があることから、メンタル面も考慮する必要があります。そのため、無理やりやめさせるということは避けたいところです。次に紹介するような、保護者様のサポートも大切でしょう。

  • 一緒に外で遊んだり、運動したりする
  • 眠りにつくまで、手を握ってあげたり、本を読んであげたりする
  • 指しゃぶりをしていない時には、褒めてあげる
  • 一緒に外で遊んだり、運動したりする
  • 眠りにつくまで、手を握ってあげらり、本を読んであげたりする
  • 指しゃぶりをしていないときには、褒めてあげる

どうしても、指しゃぶりが減らない場合には、歯科医など専門家に相談することをお勧めします。
当院では、お子様が通院しやすい環境を整えています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

まずは矯正歯科相談にお越しください。

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック熊本矯正治療センター
0120461725 0120461166
0120177461 0120461003
お問い合わせ
紹介するスタッフの画像